大会規約

◆大会参加に関して
保護者の方はエントリーに際して以下規約に同意いただく必要がございます。

・わたしはエントリーする子供の保護者であることを認めます。
・保護者は、子どもの健康状態をよくみて参加させてください。
・事故などが発生した場合、参加者の保障は、イベントにかけられた傷害保険の範囲内であることを承諾します。
・大会開催中に主催者より競技続行に支障があると判断された場合、主催者の競技中止の指示に直ちに従います。
また、その他、主催者の安全管理・大会運営上の指示に従います。
・大会開催中に傷病が発生した場合、応急手当を受けることに異議ありません。その方法、経過等については、主催者の責任を問いません。
・大会開催中の疾病、紛失(盗難)・破損に関し、主催者の責任を免除し、損害賠償等の請求を行いません。

◆大会の中止・延期について
原則として雨天決行ですが、台風や地震などの天災、または天変地異により中止・変更する場合があります。
※上記の理由により大会開催が不可能になり、延期・中止となった場合は参加料の返金はできません。予めご了承ください。

◆エントリーキャンセルについて
エントリーキャンセルは大会進行に支障がでるため、なるべく早めに連絡してください。
お申し込み後は参加料金の返金ができませんのでご了承ください。

◆車 両
・車両は12インチ以下のランニングバイクであること。
・ペグなどの突起部が付いている車両は不可です。
・ブレーキ装置は装着してはならない。(ブレーキ動作による後続車両の追突を防ぐため)
・ブレーキがついている車両はブレーキ機能を解除した状態で参加可能。
・車体・フレーム及びフロントフォークの基本骨格はオリジナルの状態であること。
・車体のフレーム自体を改造する行為(ネック角の変更や溶接による延長)は不可としますが、市販されているオフセッターの使用は可とします。
・ホイールは、タブワッシャーによって、固定されていること。
・ドロップハンドルは禁止とする。
・ハンドルバーエンドはグリップで覆われているか、バーエンドキャップを装着しなければならない。
また、グリップもしくはバーエンドキャップが擦り切れるなどしてハンドルバーエンドが露出していてはいけない。
・保護者によって安全に整備された車両でなくてはならない。
・車両の安全性に問題があると運営委員が判断する場合は、出走をお断りする可能性があります。

◆服装
ヘルメット
・コースの内外に関わらず必ずヘルメットを着用しなければならない。ヘルメットは頭部に適したサイズの物を正しく着用し、ストラップは確実に締められていなければならない。
グローブ
・手指を保護するグローブ(普通の手袋、軍手、第二関節から指先が空いたタイプのものでも可) を着用しなければならない。
着 衣
・長袖・長ズボンまたは肌を露出しない服装。
・両肘両膝のプロテクター
・グリッド整列時に、ヘルメット、グローブ、プロテクターを着用していない選手は、出場出来ません。
シューズ
・サイズが合った運動靴を履かなくてはならない。
サンダルまたは踵(かかと)が露出するような靴の使用は禁止とする。
・サンダル等の類は使用を許可しない。

◆レースについて
・スタートは、シグナル音を使用します。
・スタート板が倒れ始めるまでタイヤの前輪2ヶ所 後輪1ヵ所がスタート板に静止した状態でついていなれてばならない。
(3歳以下は個人差があるので可能な限り対応してください。)
・スタート板が動き出す前にハンドルを持ち上げる・助走をつける行為は禁止します。
・スタート係員2名が判定を目視で行い、判定に対する異議は受け付けない。
・ゴール判定は係員2~3名が目視でおこない、判定に対する異議は受け付けない。

◆併走について
併走は、立ち止まってしまい、自力走行が困難となった場合で、運営側が許可した場合のみ認めます。その場合、必ず他選手の走行に邪魔にならないよう、選手の後方からサポートして下さい。

◆大会写真・映像の使用について
大会の映像・写真・記事・記録等(において氏名・年齢・性別・記録・肖像等の個人情報)が新聞・テレビ・雑誌・インターネット・パンフレット等に報道・掲載・利用されることを承諾します。また、その掲載権・使用権は主催者に属します。

◆個人情報の取り扱いについて
主催者は、個人情報の重要性を認識し、個人情報の保護に関する法律及び関連法令等を厳守し、主催者の個人情報保護方針に基づき、個人情報を取り扱います。大会参加者へのサービス向上を目的とし、参加案内、記録通知、関連情報の通知、次回大会の案内、結果発表に利用いたします。また主催者からの申込内容に関する確認連絡をさせていただくことがあります。